上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
節約と聞くと、小さな金額をコツコツというイメージがあるため、夢追いがちな男性には少々物足りないところがあるかもしれませんが、少額でも確実に儲けるなら節約!と考える人が多いと思います。一方、投資は一攫千金の可能性もあるため、大きく儲けるなら投資!と考える人が多いのではないでしょうか。

しかし、節約は少額とは言え、10%程度の節約でかなりの利益を得ることができます。投資はたしかに当たれば大儲けをすることもありますが、安定して年利10%というのは自分の投資方法をある程度確立した人でも意外と難しいのではないでしょうか。

例えばサラリーマンの平均給与500万(手取り400万)で年間生活費300万程度とすると、スーパーなどの割引を徹底したり、光熱費節約、飲み会削減などで10%の節約は割と簡単に達成できると思います。そうなると、年間30万円の儲けです。一方、投資は余裕資金300万として、自分の投資方法を駆使して何とか10%を達成してやっと30万円の儲けです。しかも充分にリスク管理できていないと、損失が膨らむどころか破産してしまう恐れもあります。

このように考えると、節約の方が断然、安全でかつお得のように思えます。

しかし、余裕資金が600万あるとどうでしょうか。ある程度の運用スキルがあれば、5%程度の割と楽な運用で30万の儲けをそこそこ安定して確保できます。また、節約の利益は生活費からの利率で決まる単利的な儲けであるのに対し、投資は複利運用が可能なため、運用資金を多くすればするほど利益を大きくすることができます。

したがい、節約は、多少の節約術を知っていれば、資金が少なくても安定して儲けを得られる一方、生活費以上の儲けは絶対に得られません。投資は、運用スキルが大前提となりますが、その上で一定以上の資金があれば、安定してかつ大きな儲けを得られると言えます。表にまとめてみると、以下のようになります。


 安全性   安定性   利益 
 節約(スキル無し)  ◎  ◎  △
 節約(スキルあり)  ◎  ◎  ○
 投資(スキル無し&資金少)  ×  ×  ×
 投資(スキル無し&資金多)  ×  ×  ×
 投資(スキルあり&資金少)  ○  ○  ○
 投資(スキルあり&資金多)  ◎  ◎  ◎


で、結論。節約と投資のどちらが得か?
よほどマーケットの解析を楽しいと感じることができ、かつ投資の勝ち負けを統計的に考えることのできる人でない限りは、節約の方が得かと思います。

【補足】
では、なぜ自分が株式投資をしているかというと、システムトレードを極めれば、"投資(スキルあり&資金多)"のカテゴリーに必ず入ることができると考えているからです。
スポンサーサイト
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。