上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は上期はシステムトレードのシステム見直しをやっていましたが、思うところあり、下期は仕事に専念していました。

ようやく仕事がひと段落ついたので、今日久しぶりに日経平均や主要銘柄の株価を見てみましたが、やっぱり毎日見てた頃と違い、ぱっと見ただけでは今がどういう相場なのかがいまいち分からなくなってしまいました。。。

毎日の積み重ねは大切ですね。続けている最中は実感が湧きませんでしたが、こうして少し時間を空けてみると感覚の違いがよく分かります。

このブランクの間に、システムトレードを取り巻く環境は大きく変貌していったように思います。イザナミの普及、ストラテジーの販売体制確立によって、誰でもシステムトレードを実行できるようになりました。これにより、どんな相場で儲けやすいのかを多くの人が理解できるようになりました。このこと自体はとても良いことですが、トレードの常として、ストラテジーが普及しすぎるとそのストラテジーの優位性が小さくなるという問題を持っています。

おそらく昔からのシステムトレーダーは、以前は通用していたストラテジーが最近になって機能しなくなってしまったと感じている方が多いのではないでしょうか。(かく言う私も寿命が切れてしまったと思われるストラテジーがいくつかあります。)

思うに、優位性はたしかにあるが簡単に実行できてしまうストラテジーは、普及が早く寿命も短いように思います。逆に優位性があるのは分かるが実行するのは少し大変と思うストラテジーは実践者が少なく、寿命が長くなるのでは、と思います。

例えば、
・エントリー/イグジットのルールを寄り成行以外にする。
・日足以外の株価チャートでストラテジーを構築する。
・株価以外の指標を使う。
だけでも、実践者はだいぶ減り、これらを簡単に実行できる環境が確立しない限りは優位性が保たれるのではないかと思います。

昔はシステムトレード自体が非常に難しい行為だったため、システムトレードするだけで長い間利益を出すことができていました。が、今はシステムトレードは当たり前。その中で自分独自の優位性をいかに見つけていくかが今後生き延びる唯一の方法ではないかと思います。

やはり楽に持続した金儲けはできませんね。。。仕事も、トレードも。。。日々勉強です。
スポンサーサイト
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。