上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前まで私自身感じていたことですが、これなら大儲けできる!と思い、息巻いて運用開始させた戦略は、なぜか開始直後に損失を出し、運用を断念していた覚えがあります。

記憶に新しいところでは、2008年7月に逆張り戦略を開発し、バックテストでは期待値/ドローダウンともに優秀で、また同年8月に1ヶ月間ほどフォワードテストしましたが、ここでも見事な成績を収めたため、同年9月より運用開始したところ、リーマンショックに直撃し、大きな損失を出しました。このため、まったく機能しなくなったのでは?と恐ろしくなり、その戦略での運用を断念しました。

また、翌年の2009年1月には、リーマンショックでの教訓を生かし、買いだけでなく空売り戦略も併用しようと考え、同年2月から空売りを導入しました。ところが、2009年3月~4月にかけて、空売りには特に厳しい相場となり、これまた運用を断念せざるを得ない状況となりました。

上記内容について、時期の違いなどはあると思いますが、この運用継続断念のいきさつには、多かれ少なかれ心当たりのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

前者は過去実績では問題なく、またフォワードテストもOKで、一見何の問題も無さそうでした。ただ、このとき、2008年7月、8月は開発した逆張り戦略が特にうまく機能しており、早く運用を始めないと大きな利益を取り逃がしてしまう、と少しあせっていたのを覚えています。

また後者の方の空売り戦略も2009年1月時にバックテストを行うと、リーマンショックを考慮したバックテストになるため、非常に魅力的な結果となり、すぐにでも運用開始したくなる状況でした。

つまり、いずれも直近で魅力的な結果が出ているために、今運用を始めれば大きな利益が得られると考え、急いで運用を開始しています。

結果は上記で説明したとおり、損失の末、運用断念となりましたが、まず、この原因として考えるのが、これらの戦略がそもそもダメな戦略だったかどうかです。が、答えは否で、これらの戦略は今でもエッジ(優位性)を保っており、そのまま運用を継続していれば大きな利益を上げていました。

では、なぜ継続できなかったのか?

その要因の1つは、期待と現実のギャップだと思います。実際に大きなドローダウンを経験された方であれば何となく納得できるかと思いますが、上記の事例ではいずれも過度の期待の後に大きな損失を出し運用断念しています。運用開始時の期待と現実との間にギャップがありすぎると、自分の考えが全否定されたような錯覚に陥り、どうしてもその戦略を信用できなくなってしまいます。

バックテスト通りに行かないのは当然のことなので、年間で国債の金利よりも稼ぐことができたなら株式運用した甲斐があったと考え、とりあえずは良しとするくらいで臨むのが良いかもしれません。

また、2つ目の要因は、絶好調の後には必ず不調が来ることを知らずにあせって運用を始めたことです。特にスイングトレードにありがちですが、数ヶ月好調な時期が続くと、その後不調な時期が来て、ある程度落ち着くとほとんどシグナルが出なくなる、といったことを繰り返します。

経験上、運用開始する場合は現在好調な戦略ではなく、直近で膠着状態となっている戦略を選ぶのが良いと思います。相場の流れは、基本的に

暴落→下落相場(アヤ戻し含む)→レンジ相場→ブレイク→上昇相場(押し目含む)→レンジ相場→暴落

を繰り返しているので、先の相場を見越した戦略を選んでも良いかもしれません。このように考えると、現在は上昇相場と思われるので、次はレンジ相場を見越した逆張り戦略辺りがそろそろ元気になってくるかもしれません。
スポンサーサイト
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/26(Mon) 18:31 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
少し前まで私自身感じていたことですが、これなら大儲けできる!と思い、息巻いて運用開始させた戦略は、なぜか開始直後に損失を出し、運用を断念していた覚えがあります。記憶に新しいところでは、2008年7月に逆張り戦略を開発し、バックテストでは期待値/ドローダウン...
2012/05/06(Sun) 03:22:58 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。