上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨夜の地震は、3/11の大地震を彷彿させるような、長くそして大きな揺れでした。余震は1ヶ月続くと言われていましたが、今回ばかりはもう少しの間警戒しておいた方が良いかもしれません。

さて、昨夜の地震での今日の市場の反応は、寄り付け時はさすがに警戒されていたようですが、影響は限定的と判断したためか午後から大幅に反発を見せていました。このところ円安が大幅に進行していることもあり、日経平均を押し上げる材料が少しずつですが、集まりつつあるようです。

今後大震災に匹敵するほどの大きな出来事がない限りは、しばらくレンジ相場が続くことが予想されますが、5月中旬辺りに各社の大震災被害額を計上した業績が出てくるはずなので、この時期には値を下げてくるかもしれません。ただし、ここでのボラティリティはそれほど大きくないと予想されるので、臆することなくシステムに従うのが良いと思います。

もし近々で大きな出来事が起こった場合は、私の場合は今回は押し目シグナル分を全て即効で決済し、暴落時の逆張りメインにする体制で臨みたいと思います。
スポンサーサイト
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。