上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リスク回避策案の第一弾では、
“大幅下落しそうになったら即刻全銘柄決済”
を取り上げました。

この対策は、現状のストラテジーを変えずにすぐに対応可能で、かつそこそこ効果もありそうですが、
  • 取引できない状況に陥った場合は、決済できず大損してしまう
  • 裁量による判断に誤りがあった場合は、損失を出してしまう
などの短所があり、リスク回避策自体にリスクを内包しているため、現状の自分にとっての暫定的な対策と言えそうです。

そこで、今回はリスクを内包する裁量は極力無くし、システムのルールに素直に従っていれば自然にリスクを回避できるような方法について考えてみたいと思います。

大暴落時に本当に恐ろしいのは、株価が下落することではなく、投資家が全員パニックを起こしてボラティリティが一時的に異常に上昇し、知らないうちに想定以上のリスクを背負ってしまうことです。

ただ今回の震災のように、ボラティリティ上昇は、いつ、どのくらいの規模で発生するかは誰にも予想できません。したがい、ボラティリティ上昇の規模を“想定”してその中での低リスクなストラテジーを組む、という姿勢では、またいつか想定以上の相場が来てしまった場合に破綻してしまう可能性があります。

そこで、ボラティリティ上昇の規模を“想定”するのではなく、どんな規模のボラティリティ上昇が来た場合でも柔軟に対応可能なストラテジーを組む、という考え方でリスク回避を目指したいと思います。

というわけで、長々と前置きが続きましたが、私が考えたリスク回避策案の第二弾は、
“買い、空売りを織り交ぜ、かつ、保有期間を極力短くすることで、相場の方向性とボラティリティの急激な変化に柔軟に対応できるようなストラテジーを組む”
です。

ここで、“買い、空売りを織り交ぜ”というのは端に勝率の高い買いと空売りのストラテジーを併用するのではなく、なるべく同じタイミングで買いと空売りのシグナルが同程度発生するストラテジーを併用することを指します。

また、保有期間を極力短く、というのは、取引が安定している限りでの極力短い期間と考えています。例えば、寄り引け決済よりも1時間ごとに決済とした方が期間は短いですが、寄り引け決済の方はマネックス証券などを利用すれば寄り引け決済設定を前日のうちに確認でき、わりと安定した取引が可能と思われますが、1時間ごと決済は、自作したプログラムを場中は起動し続けていることを前提としており、自分のPCが途中で故障した場合はまったく取引されなくなることを考えると、現状は不安定な取引と思われます。基本は、証券会社側での自動取引機能に従って最短の保有期間を考えます。

この方針をもとに、具体的なストラテジーについてこれから少しずつ考えてきたいと思います。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。