上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある銘柄を購入しましたが、その銘柄、元従業員の不正取引が発覚し、気付けばストップ安を付けていました。本日損切りできましたが、かなり大きな損失を出してしまいました。

ここで気になるのは、この銘柄を事前に回避する方法があったかですが、2回に分けた購入のうち、1回目は全く情報が出ておらず、かつシグナルに従って購入できたので正しい判断だったと思われます。ただし、2回目の購入については、上記のニュースが出た翌日の購入であったため、あくまでシグナルに従うか、ニュースを見て回避するかの選択の余地はあったかもしれません。

ニュースから購入すべきか判断するのは"裁量"と考える人が多いかもしれませんが、ストップ安になるのが分かっている銘柄に飛びつくのはシステムトレーダーと言えどできれば避けたい選択です。システムトレーダーとしては、こういったものをいかにシステム化するかが大切だと思います。

今回は損をしてしまいましたが、こういった不測の事態を受け入れ、対策方法を明確にすることこそが成功するストラテジーを構築するのに最も重要な要素になると私は考えます。
スポンサーサイト
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。