上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今自分が有効と考えているストラテジーは大きく分けて8種類を考えていて、それぞれのストラテジーでなるべく得意な相場のときにだけシグナルが出るように調整しています。

①ブレイクアウト
得意な相場:レンジ→上昇相場
ボラティリティ:小→大

②押し目
得意な相場:上昇相場
ボラティリティ:大

③逆張り
得意な相場:上昇→レンジ相場
ボラティリティ:大

④逆張り(大暴落用)
得意な相場:レンジ相場中の大暴落、もしくは下降相場の底打ち時
ボラティリティ:極大

⑤ブレイクアウト空売り
得意な相場:レンジ→下降相場
ボラティリティ:小→大

⑥アヤ戻し
得意な相場:下降相場
ボラティリティ:大

⑦逆張り空売り
得意な相場:下降→レンジ相場、もしくは仕手株
ボラティリティ:極大

⑧パターンマッチング
得意な相場:???
ボラティリティ:???

買いと売りは対をなしているように思いがちですが、解析してみると分かりますが、明らかに異なる挙動を見せます。これは買い手と売り手の心理が明らかに異なっているためと考えられます。この辺りは追々記載していく予定です。

⑧については、Wボトムやはらみ線など、よく知られたパターンがすぐに浮かびますが、システムにどう落としていくか、そしてどういった相場のときに有効に機能するのかについては正直よく分かっていません。今後検討していきたいと思います。

応援よろしくお願いしますm(_ _)mにほんブログ村 株ブログ 株 自動売買へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
スポンサーサイト
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。