上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リスク回避策案の第一弾では、
“大幅下落しそうになったら即刻全銘柄決済”
を取り上げました。

この対策は、現状のストラテジーを変えずにすぐに対応可能で、かつそこそこ効果もありそうですが、
  • 取引できない状況に陥った場合は、決済できず大損してしまう
  • 裁量による判断に誤りがあった場合は、損失を出してしまう
などの短所があり、リスク回避策自体にリスクを内包しているため、現状の自分にとっての暫定的な対策と言えそうです。

そこで、今回はリスクを内包する裁量は極力無くし、システムのルールに素直に従っていれば自然にリスクを回避できるような方法について考えてみたいと思います。

大暴落時に本当に恐ろしいのは、株価が下落することではなく、投資家が全員パニックを起こしてボラティリティが一時的に異常に上昇し、知らないうちに想定以上のリスクを背負ってしまうことです。

ただ今回の震災のように、ボラティリティ上昇は、いつ、どのくらいの規模で発生するかは誰にも予想できません。したがい、ボラティリティ上昇の規模を“想定”してその中での低リスクなストラテジーを組む、という姿勢では、またいつか想定以上の相場が来てしまった場合に破綻してしまう可能性があります。

そこで、ボラティリティ上昇の規模を“想定”するのではなく、どんな規模のボラティリティ上昇が来た場合でも柔軟に対応可能なストラテジーを組む、という考え方でリスク回避を目指したいと思います。

というわけで、長々と前置きが続きましたが、私が考えたリスク回避策案の第二弾は、
“買い、空売りを織り交ぜ、かつ、保有期間を極力短くすることで、相場の方向性とボラティリティの急激な変化に柔軟に対応できるようなストラテジーを組む”
です。

ここで、“買い、空売りを織り交ぜ”というのは端に勝率の高い買いと空売りのストラテジーを併用するのではなく、なるべく同じタイミングで買いと空売りのシグナルが同程度発生するストラテジーを併用することを指します。

また、保有期間を極力短く、というのは、取引が安定している限りでの極力短い期間と考えています。例えば、寄り引け決済よりも1時間ごとに決済とした方が期間は短いですが、寄り引け決済の方はマネックス証券などを利用すれば寄り引け決済設定を前日のうちに確認でき、わりと安定した取引が可能と思われますが、1時間ごと決済は、自作したプログラムを場中は起動し続けていることを前提としており、自分のPCが途中で故障した場合はまったく取引されなくなることを考えると、現状は不安定な取引と思われます。基本は、証券会社側での自動取引機能に従って最短の保有期間を考えます。

この方針をもとに、具体的なストラテジーについてこれから少しずつ考えてきたいと思います。
スポンサーサイト
昨日記載しましたリスク回避策
“大幅下落しそうになったら即刻全銘柄決済”
について、とりあえず取引できない状況は発生しないと仮定した上で、どのようなストラテジーを使っている人が有効なのか少し考えてみました。

そもそも暴落時でもうまく機能するストラテジー群を構成されている方々は、そのままシステムに従い続ければ良いはずなので、全銘柄決済は必要無いと思われます。有効なのは、おそらく私のような、暴落を想定していないストラテジー(押し目とか)と暴落時のみ機能するストラテジー(暴落時用の逆張り)を混在させている方々だと思います。

今回のように上昇相場になりつつある状態で急に大暴落が発生した場合、押し目ストラテジーは大暴落前までに大量のエントリーが発生しているため、損切りシグナルが発生するまでのんびり放っておくととんでもない損失を出してしまいます。この原因は押し目ストラテジーはそもそも大暴落があることを想定していないためで、損切りルールなどをどう工夫しても、大暴落時は支持線で反転することなどあり得ないため、大きな損失を出してしまうと思われます。したがい、現状の私のようなストラテジー群で運用している場合は、大暴落があったら、押し目ストラテジーは全く機能しないと割り切り、即刻全銘柄決済し、暴落時のみ機能するストラテジーに切り替えるという手法を取るのが有効なのだと思います。

ただ、やっぱりこれは暫定策で、
“暴落時でもうまく機能するストラテジー群を構成”
しておいた方が本当の意味でのリスク回避になる気がします。次は、このリスク回避策についてじっくり考えてみたいと思います。
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
今回の下落は非常に大きなもので、残念ながら今のところ大きな損失を出しています。ただ、このまま損だけで終わらせるのはもったいないので、記憶がホットなうちに今後に繋がるリスク回避の対策を考えていきたいと思います。

リスク回避策案の第一弾は、
“大幅下落しそうになったら即刻全銘柄決済”
です。

今回のケースでは、決済タイミングは3/11(金)の地震が起きた直後ですね。14:46ごろに発生していたので理屈ではその日のうちに即刻全銘柄決済が可能だったと言えます。もしここで決済できていれば今頃損失どころか、大きく利益を上げることができていました。しかし、私の環境では停電し、携帯もまったく繋がらない状態だった上に、あの大地震の中で決済のことなど考えられるはずがありません。したがい、今回は3/14(月)の寄りでの全銘柄決済になっていたと思います。ただし結果を見ると、これでもそこそこのリスク回避になっており、回復の目処がまったく見えなかったこの時点で保有銘柄が無い状態というのは、精神的にかなり安定できたと思います。

しかし、もっと悪条件を想定して、しばらく取引がまったくできない環境に陥ってしまった場合を考えると、保有銘柄はそのまま放置しておくしかなく、おそらく大損することになったと思います。
また、自分の判断ミスで大事件を大事件と認識できなかった場合も判断遅れにより損失を出すことになったと思います。

以上、リスク回避策案“大幅下落しそうになったら即刻全銘柄決済”の特徴をまとめると、
  • 長所
    • 正しい裁量判断ができ、かつ取引可能な環境なら、どんなに大きなリスクでも回避可能
    • 大幅下落時に保有銘柄を無くせるのは精神的に安定できる
  • 短所
    • 取引できない状況に陥った場合は、決済できず大損してしまう
    • 裁量による判断に誤りがあった場合は、損失を出してしまう
となります。裁量判断のスキルを磨くことは可能だと思いますが、この対策案で一番怖いのは、取引できない状況に陥った場合で、こういった状況は意外と多いのではないでしょうか。したがい、取引できない状況をなるべく作らないように別途対策を打っておく必要がありそうです。またできるだけ決済処理を素早く行えるような環境を整えておく必要もありそうです。
2月の振り返りですが、日経平均は25日移動平均付近での攻防で、上昇相場ともレンジ相場とも取れる展開でした。押し目ストラテジーの最も得意とする相場で、先月に引き続き今月も大きく儲けを出すことができました。

さて、今後は地震の影響で短期的な下落相場が予想されますが、景気回復基調である今、下落は一時的と考えられます。このご時世で非常に心苦しいところではありますが、無機質な言い方をしますと、むしろ逆張り派は儲け時と考えるべきかもしれません。

ただし、くれぐれも安易なエントリーは避けるべきで、地震の影響がはっきりと確定するまでは不安が勝ちますので、チャートが落ち着くまでは様子見が良いかもしれません。自身の持っているストラテジーが、こういった投売り相場では自然と様子見状態に入るようなシステムだととても良いと思います。

とはいえ、今後のシステムトレーダーの姿勢としては、既存のストラテジーの有効性を試す良い機会だと考え、あくまでもそのストラテジーのシグナルに従うことで、そのストラテジーの特徴を情報収集する姿勢で臨むのが良いと考えます。というのも、そこで利益が出れば良し、損失が出ればそのストラテジーの改善点を明らかにできるはずで、必ず次に繋がるからです。

皆さんもこれからの激しい相場に振り落とされないよう頑張りましょう。
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
少し遅くなりましたが、1月を振り返ってみました。

日経平均は幸先良く上昇から始まりましたが、1月半ばごろに25日移動平均線を割り込み、値動きの激しいレンジ相場に突入したように思います。こういった上昇後の一服では、一般に押し目ストラテジーのシグナルがたくさん出ているかと思いますが、私のストラテジーもそこそこのシグナルが発生し、かつ儲けも出ています。特に想定外の動きを見せる銘柄も無かったので、ストラテジーの見直しの必要は今のところ無いと思われます。

近々の相場は上昇するか調整に入るかの判断が難しいところですが、少し長い目で見れば上昇相場に入っていると思われるので、引き続き買いのストラテジーを充実していくのが重要だと思います。しばらくは空売りはあくまでリスク回避の補助的なものとしての位置付けが良いかもしれません。
テーマ:株式日記
ジャンル:株式・投資・マネー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。